*smiley-smiley*

なんでもない日々のなんでもない日記です♪ 趣味のパン作りや子供達のこと などなど…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おじいちゃん ありがとう…

5日の夜 電話がなりました…

なんの電話だか出る前からなんとなくわかっていた…
母からで「おじいさんが亡くなったよ」と…

普通の痛みどめでは 抑え切れなくなった痛みで苦しむおじいちゃん
強い痛み止めをうちましたが意識もなくなりしばらくは眠り続け夜息をひきとったそうです。

最後にお見舞いした時は話しもできたのに…
私達の前では「痛い」と一言もいわなかったけど
我慢していたんだね…
その時 何を思ったかREEとKOUにどうしてもおこずかいをあげたいと言って
入院中でお金もあまり持ってきていないすくない手持ちから
千円札を一枚ずつくれました…
突然大きな声で私の名前を呼んで 「いや 何もない」という顔で黙っていた…「じゃまたね」と部屋から出る私達を見ずじっと天井を見てた…

今思えば あの日 おじいちゃんは これで最後になる事を覚悟していたのかなぁなんて思う…

電話を切って 涙が溢れてきた私にREEが近寄ってきて
「ママ 悲しい事があったん?泣かないで…」

しばらくREEを抱きしめてというよりはREEに支えてもらって泣いてしまいました…

落ち着いてから ひいおじいちゃんがなくなった事を話しました。
痛いのからやっと離れて神様のところでゆっくり眠れるんだよとも…

「ごん太のおかあさんと一緒のお空?」

少し前にたまたまチャリティバザーに立ち寄った時
来場プレゼントなのかどうか子供たちにそういう絵本を配っていて 覚えていたようです。

お母さんが亡くなった事をよく理解できないごん太が
お父さんにお母さんはどこ?ときくとお空の上と言われ会いにいこうとするお話です…

人が亡くなると お葬式でお別れをして 空に昇ってしまったその人とはもう会えなくなると REEはちゃんとわかっていたようです…

6日(昨日) お通夜…

パパさんが前にネットで問題になってたのを見たらしいのだけど
最近は子供に死ぬって事を綺麗にしか話して聞かせられない親が多く
小学生や中学生になっても具体的に理解できない子供が増えてると…
死を軽く考える子にはなってほしくないから
うちはわからないかもしれないけどちゃんと話して聞かせようという事になり
REEにはもう一度じっくり話しました…

途中でとても悲しい顔をしてポロポロ涙しました…
でもおじいちゃんのように長い人生を頑張って生きた人は神様のいる場所へ行けるというと

「悲しいとかしんどいで逃げて死ぬ人は行けないんやね」
と びっくりするような事を言い出しました…

ニュースやドラマで見たのかもしれないけど
自ら命をたつ人がいる事までもうなんとなく知ってるんだね…

1番の涙の理由は「ママは死なないで…」

大丈夫だよ…ちゃんとREEとKOUのそばでまだまだ見守ってる…

難しい話をまるごと理解できたとは思わないけど
命の大切さはなんとなく伝えられたと思う…


7日(今日) お葬式

昨夜の話で 不安定になっていたら…と心配したけど大丈夫のようでした…

しっかりお花をたむけお別れしていました…

ママはやっぱり泣いてしまったけど 「おじいちゃん頑張ったね ありがとうね」気持ちを込めてお別れしました…


80歳でした。まだまだ若いよね。人生の約4分の1は病気との戦いでした…
それでも 私達にいつも優しく強い生き様を見せてくれたおじいちゃんを誇りに思います。

どうかどうか 安らかに…

ありがとうね…
スポンサーサイト
  1. 2007/03/07(水) 18:57:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<お別れ遠足ペンギン「ペンペン」 | ホーム | 『嵐を呼ぶママ』と『雛祭り展』>>

コメント

そうでしたか、どうか天国でゆっくりしてくださいね。
お爺様。

人の死は、悲しいものです。悲しいものでなければならないと思ってます。
言葉を話せるぐらいの子供なら、多少は理解できるはずですよね。
パパさんが、ネットで見たとおり、やっぱり人の死をきれいに話すのはあまりいいことではないですね。本当にそう思います。

あっつんも、もえかの前で泣いたのは母が亡くなった時だけです。
もえかも、闘病中の苦しそうな母を見て、心を痛めてました。
小さい子供でも、そんなことがわかるんだなぁって、感心した記憶があります。

REEちゃんも、大人以上に感じている部分があったのかもしれないですね。
変な言い方ですが、お爺様の苦しむ状況は今後のREEちゃん達の、優しい心を育てるでしょうね。

お爺様が天国で望むのは、REEKOUさん達家族が幸せに暮らす姿です。
きっと。。。。
REEKOUさん、お疲れでしょうからすこしゆっくりしてくださいね。
お葬式後って、少しの間、結構疲れるものです。
  1. 2007/03/07(水) 20:01:16 |
  2. URL |
  3. あっつん #-
  4. [ 編集]

あっつん様…

ありがとうございます…
コメント読ませて頂いてまたポロポロきてしまいました…
でも元気ださねば!おじいちゃんも心配しちゃいますもんね…
REEにじっくり話せてよかったと思います。
これからも子供だからと説明しにくい事をごまかさず色々な事話し合っていきたいと思います。
今回の事で子供のために親が強くあるんじゃなくて
子供に親が強くしてもらってるんだと深く感じました…
最初の祖父の記事からずっとあっつんさんにずいぶんはげましていただきました…
本当にありがとうございましたm(__)m
  1. 2007/03/08(木) 16:08:47 |
  2. URL |
  3. REEKOU #-
  4. [ 編集]

おじいちゃんのご冥福をお祈りします。
読んでいて私も泣けてきちゃった。。。
REEKOUちゃん達のことを天国で見守っていてくれてるよね。
元気出してね。
REEちゃんとっても優しい子だよ。
KOUちゃんもそんなお姉ちゃんを見て、きっと優しい男の子になるね。
  1. 2007/03/08(木) 19:03:22 |
  2. URL |
  3. かいかいママ #KxwGyqDc
  4. [ 編集]

おじい様、天国へ行かれたのですね。。
ご冥福をお祈りします。
お話を読んで、私のおじいちゃんが亡くなった時を思い出しました。
娘はまだ生後半年位だったのですが
私が悲しさでいっぱいになると、眠ってても起きて泣き出してました。
親の気持ちが伝わるんだな、と思いました。
「死」について話を聞いて、一番にママの事を心配するREEちゃん、
私まで胸が熱くなりました。
REEKOUさん、ゆっくり休んで元気をだしてくださいね。。
  1. 2007/03/08(木) 22:57:28 |
  2. URL |
  3. あのんママ #JalddpaA
  4. [ 編集]

かいかいママ様…

ありがとうねm(__)m
天国のおじいちゃんにしかられないよう 元気にしっかり頑張って行こうと思うp(^^)q
REEには辛い思いさせたかなぁ?目の前でずいぶんと泣いてしまったし…



あのんママ様…

ありがとうございます…
赤ちゃんの感じる力ってすごいですね…
お母さんの感情がそのまま伝わっちゃいますもんね…REEくらいになっても私の気持ちが乱れるとすぐに不安な顔になってしまいます。
できるだけ安心させてあげられるように話しをしたりしてますが私はまだまだ未熟で…
これからはもっと頑張るぞ~!
  1. 2007/03/09(金) 01:03:11 |
  2. URL |
  3. REEKOU #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reekou.blog87.fc2.com/tb.php/64-7dd159fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。